運転資金借入の融資が今日中に可能なノンバンクは?<急ぎ 至急>

当サイトは【運転資金急ぎ借入融資センター】で検索。

*

運転資金借入 至急融資にノンバンクのビジネスローン

※当サイトは「運転資金借入」というキーワード検索で来る方が多いので、まず冒頭で、そのニーズを満たす構成となっています。

運転資金が至急必要な方へ、1点お尋ねします。

事業資金として計上する予定ですか?

いいえ:の方は↓
事業資金の形ではなく個人の与信枠で借りる方向になるでしょうか。その場合は通常の個人向けカードローンで「即日融資OKの一覧」から選択で。

はい:の方はそのまま下へ↓

即日融資可能なビジネスローン

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信のグループ会社によるビジネスローン!

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%〜18.0%
500万円
不要

ORIX CLUB CARD(オリックス クラブ カード)

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 

 

融資限度額が大きいビジネスローンならビジネクストが1000万円

 

運転資金とビジネスローンの活用

運転資金の過不足については、普段から資金繰り表を作成して、融資の必要なタイミングを図っておくことが、大切です。資金繰り表があることで、銀行融資を受ける場合にも、とても印象がよくなるのです。運転資金の融資はおよそ3ヶ月前に申し込むのが理想的とされています。ただ、事業主側に落ち度がなくても、銀行の側にも何らかの「貸したくない」事情があって、融資を受けられないということは、あります。   運転資金をビジネスローンで準備したほうがいいのは「3ヵ月どころか、もう1週間後には資金の入用がある」といった場合です。無担保のビジネスローンは、有担保のものより金利は高くなりますが、すばやく融資を受けることが可能です。また、短期間の返済に限るなら、利息もできるだけ抑えるということが可能です。「売上が入金されたらすぐにでも、返済できる」といった場合には、ビジネスローンを活用するのが良いですね。   また、自社は健全経営を続けているのに、取引先の経営不振で、入金が遅れているといったケースもあるでしょう。このような場合に備えて、事前に「経営セーフティ共済」などに加入しておくのも、良い方法です。また、取引先の経営不振というのは「何の兆候もなく、突然」ということは滅多にありません。何かおかしな動きが感じられる場合には、注意を払うようにしなければならないのです。それらの対策を講じていたとしても、どうしても運転資金が足りなくなってしまったという場合には、ビジネスローンを活用して、とりあえずの急場をしのぐのも、良いかもしれませんね。

ノンバンクのビジネスローン

ノンバンクというと、消費者金融を思い浮かべる方も多いと思います。しかし、ノンバンクとは、預金業務などを行っていない金融機関を総合した言葉ですので、クレジットカード会社や信販会社なども含まれます。このように記載すると、個人向けの融資のみを行っている会社のように思えますが、消費者金融でも事業者向けのビジネスローンを行っていますし、事業者向けのローンのみを取り扱っている会社もあります。

 

また、ノンバンクというと取立てが厳しいのではないかなど、あまり良いイメージを持っていない方もいます。確かに中には悪質な業者もいますが、多くの会社は法律に則った経営をしていて、日本政策金融公庫や銀行、信用金庫と比較しても、金利が高いこと以外は、基本的に大きなデメリットはありません。ただし、この金利の高さが唯一にして、最大のデメリットになっているのも事実です。ノンバンクは、預金業務を行っていないので、自己資金に乏しく、ほとんどの場合銀行や信用金庫から融資を受けて、その資金を事業者に融資しています。当然、銀行や信用金庫から融資を受ける際に、金利がかかりますので、そこに売上げをプラスする為に、事業者に融資する際は金利が高くなるのです。

 

また、審査を早く進める為に基準を緩くしているので、銀行や信用金庫などよりも貸し倒れになる可能性が高く、万が一貸し倒れになっても穴埋めできる為に、金利を高くしている部分もあります。逆に言えば、健全な経営をしているノンバンクのビジネスローンは、高い金利さえ問題なければ、緊急に資金が必要になった際に非常に有益に利用できます。

ノンバンクの事業者ローンを利用する

ノンバンクの事業者ローンを利用する場合、無担保と有担保があります。無担保の場合、名前の通り担保が不要なので、非常に利用しやすいのですが、有担保よりも融資限度額が低く、金利が高い傾向にあります。有担保の場合、無担保よりも融資限度額が高く、金利が低い傾向にありますが、有価証券や不動産などの担保が必要になり、その担保の価値の判断が会社ごとに異なり、当然ですが返済の遅延が続くと担保を差し押さえられます。

 

担保となる物がない場合は、無担保の事業者ローンを利用するしかありませんが、担保となる物がある場合は、どちらの方が良いかというと、状況によります。金利が高くても、毎月の返済に問題がないようであれば、無担保で融資を受けた方が、万が一の時に差し押さえられる可能性も低くなります。しかし、金利が高いと返済が厳しくなる可能性があり、金利さえ低ければ返済に問題がないという場合は、有担保の方が良いでしょう。

 

ただし、ノンバンクの事業者ローンは、銀行や信用金庫のローンと比べると金利が高いので、万が一何かの理由で売上げが落ちてしまうと、返済が厳しくなることもありますし、完済するまでに支払う利息が大きくなりますので、できるだけ銀行や信用金庫を利用した方が良いでしょう。銀行や信用金庫での融資が受けられない場合は、日本政策金融公庫に融資を申し込んでみるのもひとつの方法です。資金が足りない時に、すぐにノンバンクに頼るのではなく、まず別の方法を検討し、他に方法がなければ利用するというようにしましょう。

ノンバンクから事業資金を借りるメリット

事業資金をノンバンクで借りるメリットは、必要書類の少なさと審査の緩さ、融資までの日数になります。日本政策金融公庫や銀行、信用金庫などで融資を申し込む際は、決算報告書や確定申告書の他に、事業計画書などの書類が必要になります。決算報告書や確定申告書に関しては作成は難しくありませんが、事業計画書については、なぜ融資が必要かということと、今後の業績の見込み、返済できる根拠などが必要になりますので、会社の立地条件や細かい業務の内容、従業員数、予測売上げ、返済計画などを詳細に書く必要があります。しかし、ノンバンクで借りる場合は、決算報告書や確定申告書のみで良い会社もあります。

 

審査に関しては、そもそも必要な書類が少なくて済むことからも分かるように、あまり細かい部分まで見ず、事業規模の大小なども関係ないので、銀行や信用金庫、日本政策金融公庫に比べると融資を受けやすくなっています。場合によっては、赤字経営であっても融資を受けられることもあります。このように審査内容が厳しくないこともあって、審査に時間がかからず、会社によっては、コンピュータの自動審査システムにかけられるだけで、即日融資が可能な会社もあります。

 

他にも、インターネット上で融資の申し込みができるようになっていたり、すでに他の銀行などで融資を受けていても、追加の融資が受けやすいというメリットもありますが、金利が高いというデメリットもありますので、ノンバンクを利用する際は、慎重に返済計画をたてて、申し込むようにしましょう。

ノンバンクで借り入れる手順

公的融資や銀行系融資に比べて手軽なイメージのノンバンクですが、実際に借り入れをする際にはどのような手順で手続きを行えばよいのでしょうか?ノンバンクの場合インターネットで申し込みをするのが主流となっており、非常に簡単な手続きで融資の申し込みが完了します。まずはインターネットで必要事項を入力します。入力事項は業者によって様々ですが、収入や現在の借入状況・希望の借入額など入力します。

 

その後、ローン会社から電話等で折り返しの連絡があり、入力内容の確認等を行います。審査に進み2~3日後に回答というように、申し込みから実際に借り入れるまで非常にスムーズです。審査も緩いので比較的簡単に事業資金の融資が受けられますが、基本的に公的融資や銀行系融資よりも利率が高いという側面もあります。

 

スムーズに借入をして一時的にしのげたとしても、高い利率で返済を続けることが困難になるというケースもありますので注意が必要です。とはいえ、ノンバンク系の金融業者も非常に多く存在します。その分サービス内容も多様で、利率の安いビジネスローンを選ぶことも出来ます。また、一か月以内に完済する目処がある場合などは、『30日以内の返済で利息なし』といったサービスのあるノンバンクを選ぶのも良いでしょう。即日融資を利用する場合は、利率が高くなることが多いですので日数にある程度の余裕をもって申し込みをすることをお勧めします。どうしても早急に資金が必要な場合にのみ、即日融資を申し込むというスタンスが良いでしょう。

運転資金を事業者ローンで借りた後は運転資金を事業者ローンで借りた後は、当然ながら返済をしなければなりません。事業者ローンの返済方法は、業者によっても違いますが、おおむね5種類のものがあり「元利金等返済」「元金均等返済」「アドオン返済」「リボルビング返済」「残高スライド返済」があります。
元利均等返済は、毎月の返済額を一定にする方法です。返済する金額全体に占める利息の割合が初めのうちは多く、後になるにつれて元金の割合が多くなっていきます。元金部分の返済が後回しになりますので、元金均等返済に比べると、支払う利息の総額は多くなります。
元金均等返済は、一定額の元金を返済すると共に、借入残高に対する利息を返済していく方法です。元金が確実に減っていきますが、返済の初めの負担が大きいです。資金繰りが苦しいために、事業者ローンを利用するという人が多いでしょうから、当初の重い負担に耐えられるのかどうかは、考える必要があります。
アドオン返済は、元金に利率をかけた返済総額を求め、返済回数で割った金額を毎月返済する方法です。リボルビング返済(リボ払い)は、毎月の返済額を一定にでき、借入がいくらであっても返済金額は一定という方法です。ただし、返済総額や返済が終了する期間などが、わかりにくくなるデメリットがあります。残高スライド返済は、借入残高に応じて月々の返済金額がスライドしていく返済方式のことです。
運転資金を事業者ローンで借りる際には、資金繰り表などを用意しましょう。返済方法は「どれが一番優れている」ということではなく、事業の資金繰りなどを考えながら、合う方法を選ぶことが大事なので、資金繰り表をもとに考えていくことが大事なのです。

公開日:
最終更新日:2015/12/08