※当サイトは「運転資金借入」というキーワード検索で来る方が多いので、まず冒頭で、そのニーズを満たす構成となっています。

運転資金が至急必要な方へ、1点お尋ねします。

事業資金として計上する予定ですか?

いいえ:の方は↓
事業資金の形ではなく個人の与信枠で借りる方向になるでしょうか。
その場合は個人向けカードローンの特集サイト↓
「即日融資で借りるポイント&今日中に借りれるカードローン一覧」
の方が役に立ちます。

はい:の方はそのまま下へ↓

 

急ぎ至急の資金繰り融資に対応

ビジネクスト ※最短で即日融資も可能!

東証一部上場アイフルのグループ会社で安心
1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要
ビジネクスト >> 続きを読む

 

オリックスVIPローンカード BUSINESS

個人事業主&経営者のためのカードローン

最短60分で審査回答
最短即日融資にも対応しているので使い勝手良し

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 主要なコンビニ全て・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも
実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要
オリックスVIPローンカード BUSINESS
>> 続きを読む

 

資金調達プロ ※借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できるのが「ファクタリングの資金調達プロ」の最大の特徴です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人だけでなく、自営業・個人事業主でも申込が可能
資金調達プロ >> 続きを読む

 

大手企業のような経営基盤がある企業と中小零細企業や小規模事業主とは、資金調達の環境が根本的に異なります。

経営基盤が小さければ小さいほど、なお一層、資金調達が速やかに行える資金繰りや運転資金借入可能といった環境を作っておかなければならない時代になっているのです。

このサイトでは、経営基盤が盤石な大手企業などとは対照的な小さい経営基盤でも頑張っている経営者や事業家の人向けのコンテンツの構成になっています。

中小零細企業や小規模事業者でも一企業であることには変わりなく、大企業同様のしっかりとした資金繰りが必要になりますが、その対策を日頃からしっかりと行っている経営者は少ない傾向にあります。

そうした経営者のためにもし、万が一資金繰りがショートしそうになった場合、どんな行動を取れば良いのか、また銀行から運転資金の融資を断られたらどうすればいいのか、金融機関からの借入以外に資金調達の方法はないのかというように「いざという時」に必要な知識から普段から行っておくこと、そして経営者としての観点まで網羅しています。

小規模事業者でも元気な会社を作るために、こうした予備知識を備えつつ、本業に勤しんでいただければと思います。

運転資金の融資、借入、資金調達、資金繰り 30項目

資金繰り復旧の手順
・出費・支出を最小限に抑える
・金融機関に連絡を入れる
・資金繰りを見直す
・売掛金のチェックをする
・支払のテクニック
・復旧計画を立てる

資金調達の優先順位
日本政策金融公庫から資金調達する
制度融資から資金調達する
銀行から資金調達する
信用金庫から資金調達する
ノンバンクから資金調達する
知人や親戚から資金調達する

運転資金申し込みの手順
・必要書類の作り方~申し込み
・資金繰り表を作ろう
・会社案内を作ろう
・事業計画書を作ろう
・経営改善計画書を作ろう
・融資申込書を作ろう
・融資までの日数を把握する

資金繰りのノウハウ
・資金繰りの前の必須の日常業務
・資金繰りのための月次決算をしよう
・資金繰りのための経費の見直しをしよう
・資金繰りは社長の仕事
・集客と資金繰りの関係
・お金の原理原則を知ろう

健全なビジネスと借金の関係
・日本企業の借金
・金融機関との付き合い方
・経営計画を立てる
・借金は悪か?
・経営者が持つべき観点

日本政策金融公庫から資金調達する

中小・零細企業や個人事業主といった小規模事業者にとって、資金繰りを安定させるための資金調達をする場合、銀行や信用金庫などの金融機関へ借入の 申し込みをするのが一般的と思われていますが、こうした民間企業の金融機関へ向かう前に、日本政策金融公庫へ相談に行ってみましょう。優先順位としては、 民間金融機関よりも先に相談に行くべきです。

日本政策金融公庫は、かつて国民生活金融公庫という名称の公的金融機関でした。政府が全額出資してできた公的な金融機関で法人から個人までの事業に関する融資や教育ローンなども受け付けている金融機関です。

運転資金の融資を考えた時、「融資といえば銀行などの金融機関」と発想してしまう経営者の人は、意外といるものです。しかし、日本政策金融公庫などの公的な金融機関から借入を申し込んだ方が、民間の金融機関と比較して資金調達の範囲に幅があることは確かです。

もちろん借入金額や条件にもよりますが、良識の範囲での融資に対しては、積極的に行わなければならない使命がこの金融機関にはあります。

また、地元の商工会議所などへ入会することで、日本政策金融公庫の紹介を受けやすくしてくれるケースがあります。商工会議所からの資金繰りや経営指 導を受けたり、法律相談を受けたりすることもできるので、もし経営者として日が浅く、経営の勉強や情報交換などをしたい要望があれば、こうした商工会議所 経由での運転資金の融資を申し込めるルートもあります。

 

制度融資から資金調達する

特に小規模事業者が運転資金の融資や資金調達をする際には、金融機関へ借入の申し込むことが一般的だと思います。ただ、金融機関の融資には大きく分けて二種類あることをご存知でしょうか?

一つはプロパー融資と言い、銀行の持っているお金を銀行の保証で融資するという金融商品のことです。そしてもう一つは、都道府県もしくは市がそれぞ れ管轄している保証協会付き融資というもので、借入をする際に信用保証協会という外部機関の保証を受けて借入を起こすというものです。

かつては、プロパー融資は大変ハードルが高いものでしたが、近年はビジネスローンなどの商品を銀行や信用金庫の金融各社が提供するようになりました が、多くの事業経営者は、後者の信用保証協会付きの融資で運転資金の融資を受けるのが一般的であり、また一定のまとまった金額を申し込むとしたらこの保証 協会付きの融資を申し込むと良いでしょう。

この融資は、法人の資金繰り安定から設備資金調達まで、様々な用途に応じた融資商品を扱っているのが特徴です。銀行や信用金庫の金融機関の窓口で申し込みを受け付けているので口座を持っている金融機関の窓口に問い合わせてみると良いでしょう。

また、保証協会付きの融資商品は、利息も低めに設定される傾向もあるので大きな資金調達が必要な事業を営んでいる会社には力強い味方になります。た だし、金融機関と保証協会の二つの審査があるので、資金繰り表をはじめとした経営計画はしっかりと説明できる準備をして借入申し込みに臨みましょう。

 

銀行から資金調達する

経営者や事業者の資金調達の優先順位として後方に位置するのは、銀行からの資金調達になります。

運転資金の融資というものは、金融機関とどれだけの信頼関係が築けているかに比例してしまいます。つまり、どれだけの取引実績や預金残高がその銀行 とあるかで銀行側は融資先をランク付けするのが実情なのです。その背景として、銀行には大手から地方銀行までと事業規模や社風が明確に分けられており、そ の社風に適合した取引先と付き合いたいという方針が銀行側にあるからです。よって、どんなお客様にも進んで資金調達や資金繰りのお手伝いをしますというス タンスには立っていません。

こうしたことから銀行の場合、借入の際の審査も高く厚い壁が待ち受けている場合があります。

とは言うものの、先述の通り銀行には様々なカラーがあります。銀行経由で制度融資を活用し、業績を順調に上げていくことで取引実績を積んでいき、その後の事業拡大に二人三脚で進んで行くということも視野に入れて経営を進めていくということも十分に可能です。

年商や事業規模、どんな業種を営んでいるかにもよりますが、もし銀行へ運転資金の融資や借入を申し込むのでしたら、接点のある銀行から当たってみま しょう。新規取引であるならば地元にある地方銀行であったり、知人やビジネスパートナーの紹介の銀行であったり、取引先の社長のコネクションの銀行など接 点があればあるほど信用というものを武器に資金調達への道が近くなっていきます。

 

信用金庫から資金調達する

地元密着型の金融機関と言えば、信用金庫がその代表格になります。そもそも信用金庫発足の経緯は、地元の小規模事業者が円滑な経営を進めることがで き、地域経済の活性化を目的として設立されたという企業使命があります。そのため、中小・零細企業や個人事業主の運転資金の融資には特に積極的になるよう 行政指導があるほどです。

しかしその一方で、都市銀行などのメガバンクなどと比較すると資金力についてどうしても限界点が低くなってしまうので事業資金の借入や資金調達につ いては、制度融資を紹介される傾向にあります。逆に、そうした背景があるので資金繰りの相談などには積極的に乗ってもらえる傾向にあります。

もちろん、信用金庫が大手銀行などより審査が甘いということではありません。しっかりとした経営計画や資金繰りありきの融資申し込みであることは大 原則です。ただ、中小・零細企業や個人事業主などの小規模事業者だと、いくら大手銀行の口座を持っていたとしても資金調達を積極的に支援する姿勢を見せな いことがあります。しかし、大手銀行が断っても信用金庫は対応するということはよくあるのです。

資金調達や運転資金の融資、資金調達を行うとしたら、大手銀行よりも先に信用金庫へ当たってみた方が可能性は高いと言えるでしょう。

また、相談をするだけでも大きな情報収集にはなります。自社の場合には一体どんな資金調達手段があるのかを専門家の金融マンに直接聞いてみて、最新の情報を手に入れることができます。

当サイトで信金勤務の方に聞いた話→ 信用金庫の事業融資 運転資金借入を解説

 

ノンバンクから資金調達する

中小・零細企業の社長や個人事業主、小規模事業者にとって、資金繰りや資金調達はウィークポイントになりやすい業務です。また、売掛金の回収なども不測の際にはどうしてもシワ寄せというものに翻弄されてしまい、資金ショートや思わぬ資金繰り難は、日常的に起こるものです。

こうした不測の事態が重なってしまうと、黒字でも倒産の憂き目に遭ってしまうことやたった10万円が足りずに取引先や従業員へ迷惑をかけてしまうことがあります。

これは事業を行った事がある人でなければ分からない悩みでもありますが、こうした際の運転資金の融資には、ノンバンクから借入を選択肢の中に入れるのも決して悪い手段ではありません。

かつて、サラ金やヤミ金の問題が噴出・横行していた時代には、「ノンバンクは悪」という偏見がありました。実際、年利が常識外の利率で、資金繰りを 円滑にするつもりが逆に悪化させてしまうということもありました。しかし、現在は法整備も整い、またノンバンクも事業系融資に対して積極的に支援している ので大いに活用すべきなのです。

特に資金繰りがしっかりとしていたにもかかわらず、たまたま短期間の資金繰りショートが起きてしまった場合などには、銀行や信用金庫などの金融機関では資金調達までに時間が足りない時があります。そうした際、融資実行までの時間が短いノンバンクは大いに活用できます。

また、ノンバンクにはカードローンや短期間の融資ならば利息ゼロという商品も提供しています。通常の融資商品は利息が高めですが、短期間で計画的な運転資金の融資でしたら効果的な選択肢になります。

おすすめのノンバンク融資3社↓
ビジネスパートナー 最短即日審査 明日融資
ビジネクスト 緊急の資金繰りに最短3営業日融資
オリックスVIPローンカードビジネス 緊急の資金繰り

知人や親戚から資金調達する

例えば、中小・零細企業や個人事業主などの経営者が、資金繰り改善のために運転資金の融資を受けようと銀行へ借入を起こすとなると審査などのハードルがどうしても高くなる傾向があります。また、取引高や残高の金額によって相談にも応じてもらえない場合もあるのが現実です。

ただでさえ経営基盤が小さい小規模事業者の場合、金融機関から資金調達をする優先順位を間違えてしまうと無駄な動きをしてしまい、時間ばかりを浪費させてしまうことになります。

そこで小規模事業者の資金調達を考えた時、特に大事になってくるのが、資金調達の優先順位です。

中小・零細企業や個人事業主の場合、運転資金の融資や借入をするとしたら、まず家族や親戚、知人や友人などの近親者に相談してみましょう。家族や親 戚の場合、先方の家計まで脅かすような借入が必要だとしたら金融機関からの借入に切り替えなければなりませんが、そうした多額の資金調達でなければ、金融 機関より先に近親者からの資金調達を考えてみましょう。もちろん、金銭消費貸借契約書や借用書などの書面のやり取りはしっかりと行うのは社会人としての常 識です。

また、現金でなくとも私募債という形で会社や事業に投資してもらう形にする方法もあります。いわゆる近親者に株主になってもらうという発想の方法ですが、私募債は運転資金の融資と同じ形を取ることができ、公的な資金調達の方法です。

小規模事業者でしたら金融機関へ借入を頼む前に、まずは近親者からあたってみましょう。

更新日:

Copyright© 運転資金借入の融資が今日中に可能な銀行やノンバンク!<急ぎ 至急> , 2018 All Rights Reserved.