銀行の事業融資 運転資金借入を解説

鹿児島銀行で運転資金借入ができる事業ローンと資金繰り融資

投稿日:2016年6月30日 更新日:

鹿児島銀行で運転資金を借入れ。融資商品や資金繰りの方法は?

鹿児島銀行は鹿児島市に本店を置く銀行で、略称は「鹿銀」です。設立は明治12年、現在は鹿児島県や鹿児島市の指定金融機関となっています。鹿児島県内を中心に、宮崎県、福岡県、熊本県、東京都、大阪府に店舗を構えています。

法人・個人事業主に向けたサービスとして、「経営・事業支援」「資金調達サポート」「資金運用サポート」「決済事務効率化(EBサポートサービス)」などを行っています。その中でも、今回は「資金調達サポート」について詳しく見ていきます。

鹿児島銀行では公的制度のほかにも、カードローンや当座貸越など様々な借入形態の商品が揃っています。それぞれの商品について具体的に見ていきましょう。

 

貸越限度額の範囲内なら何度でも利用可

「かぎん事業者カードローン」には「事業者カードローン」と「事業者カードローン500」があります。

<かぎん事業者カードローン>

融資を利用できる条件は、法人が業歴3年以上、2期以上の決算、与信取引6ヶ月以上。個人事業主の場合は業歴3年以上、2期以上の確定申告、与信取引6ヶ月以上、確定申告が青色申告、といった条件があります。使いみちは事業資金で借入形態は当座貸越です。

  • 貸越限度額:100万円以上2000万円以内
  • 契約期間:2年間毎の更新
  • 担保:原則不要

<かぎん事業者カードローン500>

融資を利用できる条件は、業歴3年以上、直近2年間の決算で経常利益または所得金額を計上したことがある法人・個人事業主となっています。個人事業主の場合は青色申告であることが条件となります。使いみちは事業資金で借入形態は当座貸越です。

  • 貸越限度額:100万円以上500万円以内
  • 契約期間:2年間毎の更新
  • 担保:原則不要

 

事業の運転資金に。その他のローン商品

<当座貸越型ローン「かぎんビジネスライン」>

当座貸越型ローン「かぎんビジネスライン」は事業資金の資金繰りに利用できる商品です。利用できるのは法人または個人事業主で、法人の場合は業歴が3年以上、2期以上の決算、与信取引6ヶ月以上といった条件があります。

個人事業主の場合の条件は、業歴3年以上、2期以上の確定申告、与信取引6ヶ月以上、確定申告が青色申告などとなっています。

  • 貸越限度額:100万円以上2億8000万円以内
  • 契約期間:2年間毎の更新
  • 担保:原則不要

鹿児島銀行ではこのほかにも、<団信付事業者ローン><継続型短期サポート保証>などの商品を扱っています。

また、地方創生関連補助金等サポートとして<かぎん地方創生支援融資>も扱っています。これは、国や自治体が行う施策と連携しながら、事業者の事業をバックアップするものです。鹿児島県と宮崎県内の法人及び個人事業主が対象となっています。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

会社の借入としての会計処理ではなく社長個人の与信で借りたい場合は、
普通のカードローンから低金利を選んでください↓

1番安い低金利キャッシングのカードローン比較!今年の最新版

トップページへ


当サイトは「運転資金借入.com」で検索




ビジネクスト ※最短で即日融資も可能!

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

資金調達プロ ※借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも安心さで一歩リードなのが「資金調達プロ」です。

-銀行の事業融資 運転資金借入を解説

Copyright© 運転資金借入の融資が今日中に可能なノンバンクは?<急ぎ 至急> , 2018 AllRights Reserved.