銀行の事業融資 運転資金借入を解説

東日本銀行で運転資金借入ができる事業ローンと資金繰り融資

投稿日:2016年7月14日 更新日:

東日本銀行から資金繰りのための運転資金の融資を受けたい。借入の条件は?

東日本銀行は、東京都と、栃木を除く神奈川県などの関東5県に店舗を広域展開している第二地方銀行です。地方銀行としては預貸率が高く、中小企業との取引に強みのある銀行です。

営業マンがみずから会社や工場などに出向いて、経営にまで手の回らない経営者の運転資金や資金繰りの相談に乗るという親身な姿勢が好評です。

 

主要なビジネスローン

東日本銀行は数多くのビジネスローンを手掛けており、多彩な商品がありましたが、現在はほぼ1本化されています。借入では、東日本銀行の営業エリアで事業を営んでいること、原則として業歴が2年以上あること、また信用保証協会利用対象の業種、または農林水産業であることが条件で、保証会社の保証を受けている必要があります。

〈ビジネスローンKIZUNA〉

  • 融資額:50万円以上500万円以内
  • 融資形態:証書貸付またはカードローン
  • 融資期間:証書5年以内、カードローン1年ごとに再審査
  • 返済方法:証書貸付では毎月の元利金均等返済、カードローンでは毎月の元金均等返済
  • 返済日:毎月20日
  • 金利:証書貸付年利14%、カードローン年利14.5%の固定金利

担保は不要で、法人では代表者が連帯保証人となります。個人事業主では連帯保証人は不要です。保証会社はアイフル株式会社になります。直近2年分の決算書もしくは確定申告書、法人は代表者、個人事業主はその人の本人確認書類が必要です。

 

不動産保有で適用されるビジネスローン

東日本銀行では、法人または代表者が不動産を保有している場合に利用できるビジネスローンも提供しています。

〈スーパービガー〉

業歴が3年以上であり、税金の未納がない法人や事業主を対象としたローンです。東日本銀行の所定の基準を満たしていることも条件です。

  • 融資額:1億円以内
  • 融資期間:5年以内
  • 返済方法:元金均等返済または期日一括返済
  • 金利:1.65%以上

東日本銀行と提携する商工会議所や商工会の会員歴3年以上で会費を完納している場合や、税務署から過去3年以内に優良申告法人として認定されている場合、税理士法33条の2第1項に規定する添付書類を提出できる場合などに利率を割り引く制度があります。税理士会作成のチェックリストの提出でも適用されます。

〈グッドパートナー〉

申込人または連帯保証人が不動産を保有しており、同一事業を3年営んでいる場合に利用できるローンです。不動産がなくても、同一事業を5年以上営んでいる場合にも申込み可能です

  • 融資額:4,000万円以内
  • 融資期間:5年以内
  • 金利:2.25%以上で変動金利
  • 返済方法:期日一括返済または元金均等返済

返済は手形貸付または証書貸付になります。担保は必要ありません。連帯保証人として、法人であれば代表者、個人事業主は配偶者または後継者を指定します。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

会社の借入としての会計処理ではなく社長個人の与信で借りたい場合は、
普通のカードローンから低金利を選んでください↓

1番安い低金利キャッシングのカードローン比較!今年の最新版

トップページへ


当サイトは「運転資金借入.com」で検索




ビジネクスト ※最短で即日融資も可能!

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

資金調達プロ ※借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも安心さで一歩リードなのが「資金調達プロ」です。

-銀行の事業融資 運転資金借入を解説

Copyright© 運転資金借入の融資が今日中に可能なノンバンクは?<急ぎ 至急> , 2018 AllRights Reserved.