ノンバンク各社の事業者ローン特集(法人から自営業まで借入可能)

自営業が借入するモビット

更新日:

自営業でも借入OKなモビットの特徴

モビットは、三井住友銀行直系のノンバンクでテレビCMを一度は見たことがあるのではないでしょうか。

モビットが提供するサービスは、カードローンのみとなりますが、三井住友銀行のスケールメリットを生かしてきめ細かなサービスとスピード、利便性など顧客サービスの充実に努めています。

また、インターネットでのサービスに力を入れており、モビットのホームページはかなり分かりやすいレイアウトだけでなく、スマートフォーンやタブレット端末からも閲覧しやすいよう工夫されています。

インターネットからの申し込みでは、スピード契約とも言われており、約60秒で申し込みから簡易審査まで終えてしまうものになっています。

また、利用したいが不安の人には、分かりやすく商品の説明があるほか、利用限度額や金利を変えて返済がどのようになるかを、Web上でシュミレーションできる仕組みが出来上がっていますので、これなら納得してモビットのカードローンを使うことが出来ます。

また、肝心なカードローンが利用できる対象も、一般の人から主婦、アルバイトや契約社員、フリーター、自営業と幅広く門を広げており、さすがに三井住友のメガバンクの持つ資金力の違いがこうした所にも見られます。

そして、カードローンの利用限度額は500万円までと、他のカードローンと比べても遥かに高額な融資が可能となっています。

金利面においても、約5%から18%と消費者金融のカードローンよりも低く設定されていますので、利息の負担も軽減することが出来ます。

 

自営業でモビットから借入する

融資を受けて借入する場合に、必要な時に直ぐにお金が借りらなければ意味がありません。特に自営業の場合、取引先の入金が遅れてしまい運転資金が賄えなくなったり、決算までのつなぎ資金が必要など不測の事態か起きやすく、資金難により自営業を廃業せざるを得ないケースも発生しています。

このような時に、役に立つのがカードローンになります。カードローンは、契約さえ行えば利用限度額までなら、何度でもお金を借りることが出来る便利な融資サービスになります。

ただ、便利なカードローンもお金を借りる方法が少なかったり不便な方法であると、せっかくのカードローンの利便性が生かされなくなってしまいます。

モビットのカードローンは、三井住友銀行が持つ巨大なインフラを共有することが可能ですので、三井住友銀行のATMと三菱東京UFJ銀行のATMから何時でもカードローンで借入することが出来ます。

その他にも、地方銀行や信用金庫、信用組合のATMも利用可能となっているだけでなく、全国のコンビニATMも利用することが出来るのです。

しかも、自行ATMと三菱東京UFJ銀行のATMなら手数料はかからない仕組みになっています。その他の方法として、インターネットから安全な方法により24時間365日何時でも融資サービスが得られます。

また、ファクスや電話でも融資が受けられますので、外出先で急にお金が必要となった場合で安心して買い物ができます。このあたりは、スマートフォーンを頻繁に利用する人なら、見逃せないものになることでしょう。

 

モビットから借入するときの審査

三井住友銀行のモビットがサービスかるカードローンは、とにかくスピード契約が売りの商品となっています。消費者金融の申し込み手続きや審査は、比較的に簡単で早いと言われていますが、ものの1分たらずで申し込みから審査までを終えることが出来るのは、モビットのカードローンくらいしかありません。

しかし、スピード契約が可能とするのには、それなりの理由があります。他の消費者金融や信販会社、そして銀行などの融資商品は目的や借りる人に応じて色々と融資商品が用意されています。

それぞれの融資商品は、申し込み方法も多角的に用意されているだけでなく、適用金利や返済方法、借りられる対象の人など異なっていますので、一つの融資商品でも何通りかの借り方がありますので、それぞれの融資商品を組み合わせたりすれば、相当複雑な手続きが必要となるだけでなく、その分審査にも時間を要してしまいます。

その点、モビットはカードローンのみを扱っていますので、選択しようにもこれしか融資の方法はありません。また、申し込み方法は、基本的にインターネットのホームページから申し込みするよう誘導されていますが、電話や三井住友銀行の店頭窓口でも申し込みは可能となります。

モビットのカードローンは単一商品となっているだけでなく、手続きに必要な書類も簡素化されていますので審査する側は、数多くの融資商品の内容を把握する必要が無くなりスピード審査が可能となっているのです。

 

モビットから借入したときの返済

三井住友銀行のモビットが提供するカードローンは、自営業でも融資を受けて限度額まで借入することが出来る便利なカードローンになります。

モビットのカードローンで借入する方法は、自分の三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座に振り込まれる方法と、銀行やコンビニのATMから直接現金を借入する方法になります。

また、緊急の場合は、モビットコールに電話をすると愛想の良いオペレータが対応して、自分の口座にお金を振り込んでもらえるサービスもあります。

このよう、モビットのカードローンのお金が必要な時に直ぐにお金を借りることが出来る、とても便利なカードローンになります。

では、お金を借りた以上は、借りた元金と利息分を返さないといけません。モビットの金利は、メガバンクが運営するカードローンということもあり、消費者金融や信販会社のカードローンに比べて金利が低くなっていますので、返済する上では、負担が少しでも軽くなります。

そして、実際の返済方法は、基本的に三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の指定口座から自動引き落としとなりますので、口座残高だけ注意していれば毎月滞りなく返済することは可能となります。

しかし、自営業の場合、相手先の入金が遅れてしまった場合など、返済口座の残高が一時的に不足する場合があります。

このような時、相手先から入金され次第お金を返済しなければいけませんが、モビットの場合、全国の銀行や信用金庫、信用組合、コンビニのATMから24時間いつでも返済することが出来ますので、安心して利用することが出来ます。

 

自営業でモビットから借入するときの注意

モビットのカードローンは、スピード借入が売りになっており、お金が必要な時に、直ぐに借入することが出来ますので、自営業にとって有難いものになります。

特に決算時期においては、運転資金が不足しがちとなりますので、つなぎ資金として融資を受けて決算を乗り切る自営業も多いのではないでしょうか。

また、自営業にとって新商品の企画開発には莫大な資金が必要となるのですが、信用力の低い自営業では銀行はなかなか融資に応じてくれません。

しかし、モビットのカードローンなら最大500万円を上限にカードローンで何度でも融資で借入することが出来ますので、新商品を企画して事業拡大を図る自営業者にとっては、強い味方となってくれます。

しかも、一般の人であれば総量規制の対象となり、最大の500万円を借入する為には、1500万円!!の年収がないといけませんが、自営業者なら収入に捉われず、利用限度額まで借入することができます。

また、自営業の場合、公私の区別が難しいところがあるのですが、モビットのカードローンであれば、使途に関係なく借入することが出来ますので、生活費や旅行などのレジャーにカードローンを使うことも出来るのです。

しかし、自由度が高い分、自己責任の範囲が強くなり自営業の場合では、資金明細や事業計画がはっきりしていないと、確定申告のときに指摘を受けることになります。

また、使いやすい分、カードローンに頼り過ぎてしまう為、使い過ぎにより借金が膨れ上がってしまうことが多くありますので注意が必要です。

 

すぐに融資を受けたい人<必見情報>

クリックで該当情報へ↓

個人の与信で借りたい場合↓


当サイトは「運転資金借入.com」で検索


急ぎ至急の資金繰り融資に対応

ビジネクスト ※最短で即日融資も可能!

東証一部上場アイフルのグループ会社で安心
1,000万円の枠で最短即日融資も可能が1番の強み

  1. 最短で即日融資(申込時間帯などによっては対応できない場合も)
  2. 無担保・無保証で、手数料も一切不要
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要
ビジネクスト >> 続きを読む

 

オリックスVIPローンカード BUSINESS

個人事業主&経営者のためのカードローン

最短60分で審査回答
最短即日融資にも対応しているので使い勝手良し

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 主要なコンビニ全て・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも
実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要
オリックスVIPローンカード BUSINESS
>> 続きを読む

 

資金調達プロ ※借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが
ファクタリングは借金ではありません!

あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できるのが「ファクタリングの資金調達プロ」の最大の特徴です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者や自営業者・個人事業主でもOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人だけでなく、自営業・個人事業主でも申込が可能
資金調達プロ >> 続きを読む

 

-ノンバンク各社の事業者ローン特集(法人から自営業まで借入可能)

Copyright© 運転資金借入の融資が今日中に可能な銀行やノンバンク!<急ぎ 至急> , 2018 All Rights Reserved.