ノンバンク各社の事業者ローン特集(法人から自営業まで借入可能)

つなぎ資金融資 運転資金の借入にビジネクスト!緊急の資金繰りに最短3営業日融資

投稿日:2017年2月9日 更新日:

つなぎ資金融資 運転資金の借入にビジネクスト!緊急の資金繰りに最短3営業日融資

ビジネクストは最短3営業日融資

ビジネクストは最短3営業日融資です。

申込はインターネットや電話で行うことができ、契約まで非対面で行うことが可能です。銀行や消費者金融のカードローンをイメージしてもらえればわかりやすいかと思います。

さらに、申込時には代表者の氏名、住所、生年月日などの個人情報に加えて、商号、設立年、年商、不動産の有無だけしか申告する内容がありません。

必要書類も法人の場合は代表者の本人確認書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分等だけです。

個人事業主の場合も本人確認書類、確定申告書原則2年分等だけと非常にシンプルです。

銀行融資の場合にはつなぎ資金であれば売上の明細など、引当資金の場合には工事の受注契約書などが必要になります。運転資金の場合には今後の見通しなどを疎明する書類なども必要になるため用意する書類も非常に多く、審査の時間がかかります。

この点、ビジネクストは必要書類も最小限で審査に時間もかかりませんので、とにかく急いでお金が必要なつなぎ資金などには最適です。

金利は100万円以上:8~15%、100万円未満:13~18%とかなりの高金利ですが、短期の入用であればそれほど高額ではありません。

100万円を3日間15%で借りた場合の利息は僅か1,233円です。わずか1,200円程度で会社の資金繰りが円滑に回るのですから安い買い物であるといえるのではないでしょうか?

法人も個人事業主も利用可能

ノンバンクの事業資金では、個人事業主または会社の代表者名にしか融資を行わない会社が少なくありません。

しかし、ビジネクストは法人名でも融資を受けることができます。個人名義で借入を行ってしまうと、個人から会社への貸付になり、その場合は決算の際に面倒ですし、銀行の印象も悪くなることもあります。

会社名義の入用は会社名義の借入金を立てることができますので、ビジネクストは法人の緊急の入用にもおすすめです。

カードローンでつなぎ資金に

ビジネクストは限度額1,000万円までカードローンを作成することができます。ノンバンクの中で1,000万円までの借入に対応しているビジネクストは金額的に高額融資に対応しているといえます。

大きな会社であればたとえつなぎ資金でも必要金額が高額になる場合もあります。ビジネクストは高額のつなぎ資金にもしっかり対応できます。

また、カードローンですので、入金があった後に返済を行ってしまえば、その後つなぎ資金などの緊急の入用があったときにも繰り返しすぐにお金を借りることができます。

証書貸付で長期運転資金に

ビジネクストは一括で融資を行い、毎月均等に返済を行っていく証書貸付という融資方法にも対応しています。ノンバンクの場合はカードローン型の融資が主な借入方法になることが多い中で、ビジネクストが証書貸付対応を行っているということは1つの特徴です。

証書貸付で長期の返済にも対応しているため、急激な景気動向によって今後数か月分の運転資金を一括で借りたいというような場合でも、ビジネクストは長期運転資金を最短3営業日融資でしっかりと対応してくれます。

つなぎ資金のようにスポットでお金が必要な場面にも、運転資金のように今後数か月分の資金を手元においておきたいというような場合でも、ビジネクストはカードローンと証書貸付の両方で最短3営業日融資でしっかり対応しています。

ビジネクストはどのような入用でも急いでお金が必要な時の強い味方です。

 

 

会社経営の中では様々な資金の入用があるものです。

普通は会社経営の際には銀行からの借入が一般的ですが、銀行融資には時間がかかる場合もあります。民間のノンバンクを含めて、多様な選択肢を把握しておくことで、経営にも多様な方向性を見出すことができます。

つなぎ資金や運転資金などの緊急の資金繰りの際には、銀行融資以外でどのような方法があるのでしょうか?

 

つなぎ資金とは

つなぎ資金とはそもそもどのような資金なのでしょうか?

入金が確定しているが未入金の資金

つなぎ資金とは取引先からの入金が確定しているが入金自体がまだないため、短期的な資金不足を補うための資金です。

月末に入金する予定の資金の入金が翌月頭になってしまったというような場合には、自社の月末の支払いのための資金が足りないことになります。

そのような時には短期的な数日間だけの資金不足を穴埋めするための融資を受けることがあります。このような資金をつなぎ資金といいます。

短期的にお金が必要になる

つなぎ資金は入金までの短期間に必要になる資金ですので、融資を受ける期間も短期間です。

つなぎ資金は短期間しか必要ない資金ですので、銀行融資では手形貸付で行われることが一般的です。手形貸付の返済は期日までに一括で返済します。

 

運転資金とは

会社の運転には先に支払いが生じます。最初に商品や材料を仕入れて、仕入れ先に現金を支払います。

その後、商品や材料を在庫として保管します。また、この間に家賃や光熱費や人件費などの様々な経費が発生します。その後ようやく商品を販売して売上を確保します。

この、最初に発生する経費と、売上の入金までのズレを補うための資金を運転資金といいます。

開業時にはもちろんそれなりの運転資金をもっていなければ、すぐに売上が入ってくるわけではないため会社の運転ができません。

また、景気の悪化などの特別の事情で売上が減少した場合には、売上の減少によって不足した金額分のお金を持っていないと会社が経営できません。

この、経費の支払いと売上の入金までのズレを補うための資金を運転資金といい、つなぎ資金も運転資金の1つですし、1年を超えて返済を行う長期運転資金という融資もあります。

つなぎ資金や引当資金など入金が確定している場合には短期

つなぎ資金は入金が確定しており、入金日までの短期間に必要な資金です。

また、建設業のように工事完成後に工事代金の全額が入金となる場合には、工事に伴う先払いの経費を借入れることがありこれを工事引当金などといいます。この場合も工事完成までの短期間に必要な資金です。

このように、入金が確実になっており、短期間だけお金が必要な資金は手形によって短期貸付金として融資されることが一般的です。

見通しが確定ではない場合は長期

突発的な経済情勢によって売上が減少して、減少分の不足運転資金を借りる場合があります。

銀行は今後の経済情勢の回復によって売上の回復が見込めることから、例えば1年分の不足額を融資するというように判断するわけですが、この予測はあくまでも予測にすぎず、実際に経済情勢が上向くかは不透明です。

このように、確定していないが、予測に基づいて回収が見込める融資は長期借入金で行うことが一般的です。

銀行はこのような目線で審査を行います。

 

 

緊急にお金が必要な時には銀行はすぐ対応してくれるのか

つなぎにしろ、運転にしろ、突然なにかの事情でお金が必要になった場合には銀行が2,3日で融資をしてくれるかというと実際には困難です。

先ほど述べたように、銀行がどのように融資を判断するかは、会社の財務状況に加えて今後の見通しや業界動向なども慎重に判断を行うためそれなりに時間がかかるためです。

当座貸越枠を保有している場合以外はすぐに融資を受けられない

月末3日前くらいに取引先から電話があって、月末の入金を月初にずらしてくれないかなどと突然言われた場合には、自社月末の支払いが困ることになります。まさにこのような場合につなぎ資金が必要になるのですが、銀行は3日後に融資をしてと頼んでもそのような短期間では融資を行いません。

このような時のために、当座貸越枠というものを銀行に作っておくと便利です。当座貸越枠とは「○○万円まで借りることができる」という枠を作成するための審査を行い、枠の範囲内でいつでもすぐに融資を受けることができます。会社版のカードローンのようなイメージです。

銀行からすぐに融資を受けたい場合には、事前にこの当座貸越枠を作成していないとすぐに融資を受けることはできません。

新規借入ではすぐに融資は下りない

運転資金やつなぎ資金などの資金を数日の間に借りようと銀行から思っても難しいのが実情です。特に初めて銀行と取引する会社が数日で融資を受けるのは非常に困難です。

初めて銀行と取引をする際には決算書や確定申告書を3期分程度銀行に提出して、最初に会社そのものの分析の審査を行い、その後に融資の審査に入るためいくら早くても2週間程度の時間がかかってしまいます。

すでに取引がある銀行から急いでお金を借りようと思っても、早くて1週間程度の時間がかかりますし、よほど信用のある会社であれば2、3日で融資を行ってくれるケースもありますが、そのようなケースは非常に稀です。

本当の悪化事象の場合には融資そのものが下りない可能性も

そもそも、突発的な事情によって運転資金が足りないといったとき、銀行は「会社の運転は大丈夫か」を心配するよりも「貸したお金は返ってくるか」という心配をします。このため、バブル崩壊時のような本当に社会を揺るがす事態には、追加融資が下りないどころか、貸したお金をできれば返済してほしいというのが銀行の本音です。

急いでお金が必要な時は緊急事態です。緊急時ほど、銀行の審査はシビアになるものなのです。

 

どうしても急いでお金が必要な場合はビジネクスト

銀行からの融資が間に合わない場合には、ノンバンクの利用も検討しましょう。ノンバンクの中でもアイフルと銀行出資のビジネクストは会社の成り立ちそのものが信頼でき、資本金も100億円と充実していることなどから、人気のノンバンクです。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業性資金としての処理ではなく個人の与信で借りたい場合は、あなたの状況に合わせて
下記の特集ページ↓(銀行勤務経験者が書いた審査の裏側)を読んでみてください

自営業・個人事業主・フリーランスの方を審査する
社長・法人経営者の個人の与信審査を語る

トップページへ


当サイトは「運転資金借入.com」で検索




ビジネクスト

限度額1,000万円が最短3営業日で融資 アイフル系の安心感

ビジネクスト

アイフルグループだから安心

  1. 最短、3営業日で融資が完了
  2. 原則無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要



ビジネスパートナー ※最大45日間金利0円に注目!

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
  6. 最大45日間金利0円!

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

※個人事業主の方は、業歴1年以上が対象です。

このオリックスVIPローンカード BUSINESSは自営業や個人事業主の方が仕事面でイザという時に使うカードとして最適です。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ ※最短即日で資金調達 借金ではないのが魅力!

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも安心さで一歩リードなのが「資金調達プロ」です。

-ノンバンク各社の事業者ローン特集(法人から自営業まで借入可能)

Copyright© 運転資金借入の融資が今日中に可能なノンバンクは?<急ぎ 至急> , 2017 AllRights Reserved.