ノンバンク各社の事業者ローン特集(法人から自営業まで借入可能)

シンキ・オーナーズセレクトカード ●バラ用

更新日:

シンキ・オーナーズセレクトカードでお金を借りるときの注意点

オーナーズセレクトカードのサービスを提供するノンバンクのシンキは、新生銀行グループと言うことで、銀行系の融資審査に沿ったかたちで審査されますのでそれなりに注意が必要です。まずは、事業計画や資金計画がしっかりしていないといけません。また、審査を通りやすくするために、過大評価した虚偽の申請を行ったとしても決算書や確定申告書の内容と照らし合わせれば、虚偽であることが判ってしまいますので、絶対に虚偽申請はしてはいけません。そもそも、虚偽申請までして無理やりお金を借りれたとしても、収入の見込みがなければ、お金を返すどころか倒産してしまいます。
オーナーズセレクトカードでお金を借りるときの最大限度額は、300万円となっていまが、誰でも300万円まで借りられると言うわけではありません。総量規制の適用外なので収入に関係なく利用限度までお金借りられると思い込んでいると、審査が下りて利用限度額が低くなっていることに驚いてしまいます。自営業者は、個人と自営業のオーナーと言う2つの顔を持っています。個人として住宅ローンやマイカーローンなどのローンを組んでいると、オーナーズセレクトカードを持つ時点で多重債務として見られてしまう場合があるのです。お金を貸すシンキとしても、無理に利用限度額一杯までお金を貸したとしても、他の債務と重なっていれば、当然返済に負担がかかってしまいますので、最悪不能に陥ってしまうことを避けなければなりません。

シンキ・オーナーズセレクトカードの返済方法

お金を限度額までなら何度でも借りられるカードローンは、自営業者が資金調達するうえで大変便利なものです。しかし、借りたお金を返す手段が限られていると手間がかかるだけでなく返済忘れに繋がってしまい延滞利息を負ってしまいかねません。お金を借りる手段が多いほど利用しやすいように、返済方法の手段も多数選択肢があれば、資金があるときに返済するなどの対応が可能となってきます。
オーナーズセレクトカードの返済方法は、銀行系の整備されたインフラやネットワークを生かした利用しやすい環境を整えています。この点、お金を借りるとき、返す場合においてもビジネクストよりも優れていると言えます。オーナーズセレクトカードの返済手段としては、基本的にはリボ払いとなりますので口座振替が一番便利で確実になります。
口座振替なら、残高不足だけ気を付けていれば指定日に自動的に引き落とされますので、うっかり返済忘れする心配はありません。銀行口座も新生銀行だけでなく他行口座でも可能な点は銀行系の強みと言えます。さらには、インターネットからパソコンや携帯電話、スマートフォーンから24時間鉄でもリアルタイムでお金を返す仕組みがあります。取引先からまとまった資金が入ったときなど繰り上げ返済をしたいときには、インターネット環境やモバイル環境から返済ができるのは、資金運用するうえでも有効になってきます。その他にも、新生銀行ATMをはじめ銀行ATMやレイクATM、コンビニATMと幅広く対応が可能となっていますので、こうしたお金を借りた後のことも考慮してカードローンを選択する必要もあります。

シンキ・オーナーズセレクトカードの審査は ☓

とのような場合において、お金を借りるためには申し込み手続きを行って審査を受けなければなりません。一般に、銀行系の融資の審査は厳しいと言われています。また、消費者金融も法律の改定で審査が厳しくなりつつあります。特に自営業者の場合、取引状況や商売の内容の点など審査に必要な信用の度合が低いと言わざるをえません。自営業者が事業資金などの調達においては、審査が難しいようで、なかなか審査を通すことが出来がに資金繰りが悪化してしまう自営業者少なくはありません。
オーナーズセレクトカードの審査は、最短で即日、長くても2営業日後には審査の結果がでます。担保の必要がなく、保証人も自営業なら必要ありませんので、ハードルが少ないと言えますが、さすがに銀行系だけあって、しっかりとした資金計画や事業計画がないと審査が通りにくいようです。自営業者の場合、取り先の影響もさることながら、一般の顧客を相手にするわけですら、365日売り上げがあるようにするためにはそれなりの事業計画やPRが必要になってきます。お金を借りた以上は、計画的に返済していかなくてはなりませんので、安定した収入計画がないと成り立ちません。オーナーズセレクトカードの審査を通すためだけの資金計画や事業計画では、いずれ行き詰ってしまいますので、これを機に商売の仕方全体を見直したり方向転換を試みるなどしてはどうでしょうか。

シンキ・オーナーズセレクトカードでお金を借りる

オーナーズセレクトカードは、借りいれ総量規制の対象外となりますので、自営業者がオーナーズセレクトカードで事業資金としてお金を借りる場合、収入の3分の1を超えてでも利用限度を設定することができるのです。シンキ・オーナーズセレクトカードの申し込みを行うのに店舗まで出向く必要はありません。まずは、電話での方法が一番分かりやすいのではないでしょうか。電話でなら、申し込み方法や利用方法などを分かりやすく説明してもらえ、疑問などもその場で解決できるかもしれません。特にお金を借りた後の返済方法につては、しっかりと確認しておいた方が利用するうえで間違いはなくなります。その他にも、FAXやシンキのホームページからオーナーズセレクトカードの申し込み手続きを行うことができます。
オーナーズセレクトカードでお金を借りるのにも色々なインフラに対応していますので、自分にあったものを選択することができます。特に便利なのがインターネットによりパソコンや携帯電話、スマートフォーンから24時間いつでもお金を借りることができます。しかも、いつで手数料が無料と言うのはうれしい話です。また、電話でも指定の口座にお金を振り込んでくれますので、インターネットが使えない所やATMが近くにない場合に重宝します。さらには、新生銀行をはじめとする銀行ATMやコンビニATMからも現金でお金を借りることが出来ますので、急な資金調達が必要となった場合に役立ちます。

シンキ・オーナーズセレクトカードの特徴

オーナーズセレクトカードは、新生銀行グループのシンキがサービスする事業者向けのカードローンになり、自営業者も利用することができます。シンキは、銀行系のノンバンクと言うこともありバック母体がしっかりしているので、サービス内容や受付や問い合わせ対応など幅広く顧客ニーズに合わせた対応してくれています。オーナーズセレクトカードの利用限度額は、300万円ありますので自営業者の方が直面する、資金調達や資金の立て替え、決算のつなぎ資金など幅広く利用することができるのではないでしょうか。また、オーナーズセレクトカードなら、総量規制の対象から除外されますので利用限度枠の300万円まで借りたとしても、収入がその3倍なくても利用することができるのです。
シンキは、新生銀行グループと言うことでビジネクストよりも使い勝手に優れています。ビジネクストの場合、利用すめときは提携ATMまたは東京・大阪の店頭窓口に限られていましたが、シンキなら新生銀行の窓口やATM、コンビニATMと幅広く利用することができます。返済する場合も、口座振替が可能になりますのでわざわざATMのあるところに出向かなくても済みますので、忙しい自営業者には助かりますし返済を忘れることもありません。オーナーズセレクトカードの申し込み手続きには、色々と書類を作成いる必要がありますので、いざというときに備えてカードを作っておくと役に立つときがくるかもしれまません。カードの発行手数料や年会費は、無料ですので持っていて損はないのではないでしょうか。

シンキオーナーズセレクトカード

シンキオーナーズセレクトカードは、新生銀行グループに所属するシンキがサービスするカードローンになります。利用にあたっては、新生銀行のATMだけでなく、全国のセブンイレブンのATMからも利用することができます。このオーナーズセレクトカードは、自営業者、企業経営者限定のカードローンになっていますが、一般のカードローンと同様に無担保・無保証人で利用することができます。また、手続きからカードの発行まで即日に利用ができますので、物資調達のための資金として大いに役立つことになります。
シンキオーナーズセレクトカードの利用者として、店舗の自営業者よりネット自営業者の利用が目立っています。これは、シンキの親会社である新生銀行が楽天との繋がりが強いこともあって、シンキオーナーズセレクトカードにおいても、楽天銀行口座があれば、パソコンやスマートフォーンから申し込みを行い、審査結果をメールで知らせてくれますので、そのまま店舗に出向けば即日にカードが発行されて融資を受けることができます。さらには、手数料無料でパソコンやスマートフォーンから24時間いつでも融資が受けられたり、お金を返済することが可能になっています。店舗自営業者の場合は、ビジネクスト利用者が多いようですが、ネット営業者は楽天にも出店していることが多いこともあり、シンキオーナーズセレクトカードの利用が多い理由の一つと言えます。ただ、融資限度額が300万円までとなっていますので、やはり店舗を持つ自営業者で店舗改装などの資金としては難しくなります。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

会社の借入としての会計処理ではなく社長個人の与信で借りたい場合は、
普通のカードローンから低金利を選んでください↓

1番安い低金利キャッシングのカードローン比較!今年の最新版

トップページへ


当サイトは「運転資金借入.com」で検索




 

ビジネクスト ※最短で即日融資も可能!

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!

実質年率限度額担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

 

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

※個人事業主の方は、業歴1年以上が対象です。

このオリックスVIPローンカード BUSINESSは自営業や個人事業主の方が仕事面でイザという時に使うカードとして最適です。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

 

資金調達プロ ※借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも安心さで一歩リードなのが「資金調達プロ」です。

 

-ノンバンク各社の事業者ローン特集(法人から自営業まで借入可能)

Copyright© 運転資金借入の融資が今日中に可能なノンバンクは?<急ぎ 至急> , 2018 All Rights Reserved.