ノンバンク各社の事業者ローン特集(法人から自営業まで借入可能)

つなぎ資金 運転資金の借入にオリックスVIPローンカードビジネスで緊急の資金繰り

投稿日:2017年2月8日 更新日:

緊急の資金繰りにはオリックスVIPローンカードビジネスがおすすめな理由

※ORIX CLUB CARD(オリックス クラブ カード)が「オリックスVIPローンカード BUSINESS」に名称変更になりました。

数あるノンバンクの事業性融資の中でもオリックスVIPローンカードビジネスは緊急の資金繰りには特におすすめです。

また、他のノンバンクにはない特徴も数多くあります。

最短即日融資でおすすめ

オリックスVIPローンカードビジネスは最短で即日融資です。インターネットで申込を行い、審査に通過後14時30分までにWEB上で契約同意を行えばその日のうちに口座への振込を行ってくれます。

月末の朝急に取引先から「今日中の入金が不可能」などと言ったような連絡が来ても、オリックスVIPローンカードビジネスであればその日のうちに月末の支払資金を用意することができる可能性があります。

大手のノンバンクの中で最短即日融資に応じている会社は数少なく、安心のオリックスグループであるオリックスVIPローンカードビジネスは緊急の資金繰りに最も適した会社であると言っても過言ではありません。

最短60分審査回答で資金繰りの選択肢が広がる

オリックスVIPローンカードビジネスの審査回答は最短で60分です。即日融資に応じているオリックスVIPローンカードビジネスですが、審査回答が速いということは即日融資とは別の価値があります。

とにかく急いでお金を用意しなければならない経営者は、融資が不可能であるなら早く別の方法を探さなければならないためです。

審査回答が最短60分のオリックスVIPローンカードビジネスは平日9時から審査を行っています。このため最短で10時には審査の回答を得ることができるため、審査が不可能な場合にも他の方法でお金を都合する時間が多く残されています。

ノンバンクの中では金利が低い

オリックスVIPローンカードビジネスの最高金利は17.8%です。他のノンバンクの金利は18%と法定金利ぎりぎりであることから、若干ですが他のノンバンクよりも金利的なメリットがあるといえます。

ノンバンクの融資は高金利ですが審査通過率も高く融資までの時間も短いため、数日のつなぎ資金であれば金利18%でも十分に費用対効果が望めると思うのですが、その中でもオリックスVIPローンカードビジネスはさらに高いコストパフォーマンスがあると言えるでしょう。

 


※個人事業主の方は、業歴1年以上が対象です。

 

全国約173,000台のATMで利用可能

ノンバンクのカードローンは使えるATMが限られています。個人向けのカードローンのように全国どこのATMでも使えるというわけではありません。

例えばセブン銀行ATMしか利用できないという会社もありますが、オリックスVIPローンカードビジネスは全国のATMの約99%である約173,000台のATMで利用することが可能です。

ノンバンクのカードローンの中では断トツの利用可能台数となっており、全国どこに行っても出張先でも緊急の資金繰りに対応できます。

銀行からのつなぎ融資の確保にもおすすめ

オリックスVIPローンカードビジネスは最短即日融資ですので、銀行に融資を申し込み、融資金の入金があるまでの短期間の間だけオリックスVIPローンカードビジネスで借入を行い、銀行融資が下りた段階で返済するという「銀行融資までのつなぎ資金」にも気軽に利用することができます。

法人代表者でも契約可能

ノンバンクの中には法人か個人事業主のみ融資の対象としている会社が少なくありません。しかしオリックスVIPローンカードビジネスは逆に法人名義での借入を行うことができません。

融資対象としているのは法人代表者か個人事業主のみです。つまり、個人名義にしか貸付を行っていないため、消費者金融の個人向けカードローンのうように審査のプロセスが速くなるのです。

会社の中には、代表者の給料を費用勘定ではない「役員貸付金」という資産の勘定科目によって支払っている場合があります。(給与ではなく「役員にお金を貸し付けた」という解釈で処理を行う)この方法は銀行が決算書を審査する際には印象がよくありませんので、代表者名義でオリックスVIPローンカードビジネスからお金を借りて、そのお金で会社の役員貸付金を返済するということも可能です。

一方、会社名義でお金を借りたいという人のニーズにはオリックスVIPローンカードビジネスは対応していません。

開業1年以上で利用可能

多くのノンバンクでは融資対象としている事業者は2年~3年程度の開業実績が必要になります。

しかし、オリックスVIPローンカードビジネスは開業1年以上で申込むことが可能です。

開業前間もない時は特に、売上も資金繰りも安定しないものです。安定するまでには月末にお金が足りないなどということは決して珍しいことではありません。このような場合にノンバンクも活用したいものですが、他社の申し込みには一定の営業実績が必要になります。

この点、オリックスVIPローンカードビジネスは開業後1年以上経過していればよいため開業後間もない資金繰りの安定しない事業者も気軽に利用することが可能です。

オリックスグループの様々な施設が優待価格で利用できる特典も

オリックスVIPローンカードビジネスは巨大なオリックスグループの企業であるオリックスクレジットが発行しているカードローンです。

このため、オリックスVIPローンカードビジネスを契約するとオリックスグループのホテル、レンタカー、レストラン、ゴルフ場などの施設を優待価格で利用することができるという特典がついています。

最短即日融資で緊急の資金繰りにも対応でき、優待特典がついているオリックスVIPローンカードビジネスは付き合いや出張なども多い社長さんには強い味方です。

 


※個人事業主の方は、業歴1年以上が対象です。

事業活動は毎月必ず順調というわけではありません。景気が悪く売上が減少する可能性もあるでしょうし、親会社の倒産によって仕事が激減することも、取引先からの予定された入金がないこともあるでしょう。

そのような時には運転資金などの融資を受けることで、資金繰りを行うことが多いのですが、緊急の資金繰りの場合には銀行融資だけでは対応できないこともあります。

緊急の資金繰りの際には銀行融資以外にも、融資スピードに定評があるノンバンクのからの融資を検討するのも1つの方法です。

ノンバンクの中でも最も融資までのスピードが速いオリックスVIPローンカードビジネスは緊急の資金繰りの際にはどのように活用できるのでしょうか?

 

会社の資金繰りと倒産

会社は必ずしも利益が出ていても円滑に運転できるわけではありません。会計は発生主義と言って、売上や仕入れが発生した段階で収益や費用に計上します。

売上-費用=収益となり、収益があれば黒字ですが、黒字になったとしても資金繰りが円滑になるとは限りません。

売上の入金が後になる場合があるためです。

このため、売上があっても入金がまだない場合には、仕入れのお金や借金返済のためのお金を先に支払わなければなりません。

いくら売上があっても現金化されない場合には、さまざまな費用を支払うことができないため、倒産に追い込まれる場合もあります。バブル崩壊後によく見られたこのような現象を黒字倒産などと呼びます。

資金繰りとは、会社の支払いに伴う現金のやりくりを示します。売上金の入金までの支払い資金をやりくりしたりすることを資金繰りと呼びます。

いくら利益が出ている会社でも資金繰りがうまくいっていない会社は倒産してしまいます。

 

会社が緊急でお金が必要な場面とは

会社が緊急でお金が必要になる場面として代表的な事例としては以下の2点を挙げることができます。

売上金の入金日までにお金が足りない

売上の入金日が確定しているが、入金日までの支払いの経費が足りないというような場合に、お金が必要になることがあります。

もともと予定されていた入金日であれば前々から予定が立ちますが、月末前になって急に取引先から「入金を来月頭にしてほしい」などと言われる場合もあります。このような場合には、突如として資金繰りの計画が崩れてしまうことになりますので、緊急にお金を都合しなければなりません。

このように、入金日までの会社の資金繰りを都合するための資金をつなぎ資金などと言います。

突然の景気悪化によって予定の仕事が激減

円安や、親会社の不調、海外のデモや政情不安などによって突然に会社の売上が激減することも場合によってはあります。

月の頭になって毎月入ってくる仕事がなくなったとか、キャンセルされてしまったような場合には、減少分だけ会社の運転に回していく資金が足りなくなってしまう場合があります。

このような場合にも緊急でお金を用意しなければ自社の支払い分の経費を払うことができません。

つなぎ資金は「売上があるが、現金だけ足りない」という状況ですが、こちらの場合には「売上そのものが減少した」ことを原因とする緊急の運転資金の必要性が生じています。

このため、銀行融資の際には、減少した売上をそうやって向上させていくのか、時間の経過とともに売上が回復するかどうかとか、それとも会社の規模を圧縮していくのといってように、今後の会社の将来像について一定の実現可能な将来像が見えないと融資を断る場合もあります。

いくら融資によって一時だけ資金繰りが改善しても、会社に収益が出ていなければ資金繰りはいずれまた悪化してしまうためです。

 

銀行融資は緊急の資金繰りに弱い

銀行融資には時間がかかります。新規で銀行からお金を借りる際には以下のような審査のプロセスがあります。
①銀行に決算書を持参し融資を相談
②銀行が企業の業況そのものを審査し、格付けを決定し融資に応じられる企業かどうかを審査する(約1週間)
③信用保証協会に相談(3日~1週間程度)(保証協会の保証付き融資を受ける場合)
④保証協会内諾後に銀行で融資案件そのものについて審査(3日~1週間)
⑤地方自治体の審査(3日~1週間)(地方自治体の制度資金を利用する場合)

このように、まったく銀行取引のない会社が新規で銀行融資を受けようとする場合には長ければ1か月程度の時間がかかる場合もあります。

また、すでに銀行と取引がある場合には①と②の審査を省略することができますが、それでも数週間時間がかかってしまう場合もあります。

このため、その日や数日の間で融資を受けたいといった場合には銀行融資では基本的に対応できないのが実情です。

 

銀行融資は景気悪化時こそ融資が出づらい

銀行は急に景気が悪化したような場合ほど回収ができなくなるリスクが高いため、融資に応じない傾向にあります。

困っているからこそお金が必要なものですが、業況が好調な会社にほど融資をしたいというのが銀行の性ですので、景気の悪化などにより業況が悪くなった会社ほど慎重に審査を行うため緊急の融資は難しくなります。それどころか融資そのものを断られてしまうリスクもあります。

このような理由から、会社経営の中で緊急融資に応じてくれ、銀行よりも比較的審査が甘いノンバンクの融資制度を理解しておくことはとても重要です。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業性資金としての処理ではなく個人の与信で借りたい場合は、あなたの状況に合わせて
下記の特集ページ↓(銀行勤務経験者が書いた審査の裏側)を読んでみてください

自営業・個人事業主・フリーランスの方を審査する
社長・法人経営者の個人の与信審査を語る

トップページへ


当サイトは「運転資金借入.com」で検索




ビジネクスト ※最短で即日融資も可能!

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー ※最大45日間の無利息あり!

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
  6. 最大45日間金利0円!

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

資金調達プロ ※借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも安心さで一歩リードなのが「資金調達プロ」です。

-ノンバンク各社の事業者ローン特集(法人から自営業まで借入可能)

Copyright© 運転資金借入の融資が今日中に可能なノンバンクは?<急ぎ 至急> , 2017 AllRights Reserved.