ノンバンクで運転資金を借りる

ノンバンクでつなぎ資金の借入

投稿日:

ノンバンクでつなぎ資金の借入

近年、銀行でつなぎ資金の融資を行なわない傾向が強くなっています。
また、つなぎ資金の融資を行なっている銀行でも、色々な制約があり、非常に受けにくいケースが多いです。
そして、仮に銀行からつなぎ融資を受けることができても、手続きに時間がかかるため、それまでの資金がどうしても必要になります。
基本的につなぎ資金の融資を受ける場合は、資金に余裕が無い時なので、それほど時間をかけることができません。
そのため、もし銀行でつなぎ資金の融資を受けたい場合は、あらかじめ必要書類を準備しておき、迅速に手続きをするようにしてください。
このように銀行からのつなぎ資金の融資は、手続きが複雑なので非常に時間がかかり、時には受けることができない可能性もあるということを理解しておきましょう。
そこで、今多くの方がつなぎ資金を調達するためにノンバンクを利用するケースが増えています。
ノンバンクであれば、審査が銀行よりも緩いですし、手続きも簡単なので、スピーディーに融資を受けることが可能です。
しかも、ノンバンクによっては即日に融資を受けることもできるところもあるので、急ぎで資金を用意したい時に非常に便利です。
このように簡単にすぐに資金を調達できるため、つなぎ資金を確保するのにノンバンクは向いています。
しかし、ノンバンクは金利が高いというデメリットもあるので、気をつけてください。
無計画に融資を受けてしまうと返済をすることができず、余計に資金繰りが苦しくなる可能性があります。

ノンバンクのつなぎ資金融資

つなぎ資金は、運転資金の中でも特に短期間のあいだに必要とするもので、中小企業では経営状態により必要となる場合もあります。そもそもなぜそうした資金が必要になるのか、一般的に商店で買い物をする場合には、代金と商品がその場で交換されるのですが、企業間のビジネスの中では、入金日と支払日のズレが生じる事もありますので、その月中のかなり短期間のうちに資金が不足する場合があるのです。
こうした問題が起こらないように、事前に決済などの方法について条件を決めておけば良いのですが、他にトラブルが生じた場合など計算が狂う事も多々あるもので、支払日を迎える前に金融機関から資金を借りて、
月末に振り込まれる入金で返済するという事が行われるのです。
ただ、こうしたつなぎ資金というのは、すでに取引がある銀行に頼んだ場合に良い回答が得られるという事はあまりなく、また時間的に資金を必要とするまで近い事から、新たな融資の申請を行うには時間が足りなくなってしまう、という場合もあるのです。
一方でノンバンクに融資を申し込む場合は、そもそも使用用途を明確にする必要がありませんので、つなぎ融資という目的であっても条件さえ整えば問題なく借入れを行う事ができます。
また、ノンバンクでは審査が簡易なため手続きもまた簡単で、時間をかけ図に所定の手続きを済ます事ができ、さらにノンバンクにもよりますが最高で1000万円までのつなぎ資金としては、比較的に大きな融資が期待できる場合もあります。

有効活用!ノンバンク~運転資金編~

開業資金は『運転資金』と『設備資金』に大きく分けることができます。そして『運転資金』の調達においては特にノンバンクとの相性が良いと言えるでしょう。そもそも運転資金とは、仕入れや支払いなど、企業活動に必ず必要な運営資金のことです。この運転資金の流れや仕組みを理解すると、ノンバンクがいかに有用であるかご理解頂けるでしょう。運転資金はもちろんのこと、企業にとって、特に開業したての段階では『現金』の流れが特に重要なポイントです。

 

とはいっても、開業準備段階の企業が銀行や日本政策金融公庫などの公的融資を受けるには手間も時間もかかります。さらにいうなら、せっかく融資をうけるために書類や資金繰りの計画を準備しても、上記のような銀行・公的融資では融資を受けられない可能性も十分に考えられるのです。しかし、その一方で『ノンバンク』は審査をクリアするための準備も少なくて済みます。特に利息の安いノンバンクを見極めることができれば、ノンバンクは非常に有用性の高いファイナンスツールなのです。

 

 

資金調達の手間が省けるのは開業準備段階の方や開業したばかりの方にとって大きなメリットとなります。開業してからしばらくの間は、マーケティングや経営戦略などなど、営業・運営に時間と労力をかけたいものです。ノンバンクを利用するにあたって、デメリットや注意点を把握しておくことは必要不可欠ですが、有意義に活用する事も十分に可能なのです。しっかりと見通しを立てたうえで、ノンバンクを上手に使いましょう。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業性資金としての処理ではなく個人の与信で借りたい場合は、あなたの状況に合わせて
下記の特集ページ↓(銀行勤務経験者が書いた審査の裏側)を読んでみてください

自営業・個人事業主・フリーランスの方を審査する
社長・法人経営者の個人の与信審査を語る

トップページへ


当サイトは「運転資金借入.com」で検索




ビジネクスト

限度額1,000万円が最短3営業日で融資 アイフル系の安心感

ビジネクスト

アイフルグループだから安心

  1. 最短、3営業日で融資が完了
  2. 原則無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要



ビジネスパートナー ※最大45日間金利0円に注目!

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
  6. 最大45日間金利0円!

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

※個人事業主の方は、業歴1年以上が対象です。

このオリックスVIPローンカード BUSINESSは自営業や個人事業主の方が仕事面でイザという時に使うカードとして最適です。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

資金調達プロ ※最短即日で資金調達 借金ではないのが魅力!

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも安心さで一歩リードなのが「資金調達プロ」です。

-ノンバンクで運転資金を借りる

Copyright© 運転資金借入の融資が今日中に可能なノンバンクは?<急ぎ 至急> , 2017 AllRights Reserved.