ノンバンクで運転資金を借りる

零細企業でのノンバンクの活用法

投稿日:

零細企業でのノンバンクの活用法

零細企業の場合、融資が必要になることも多くなりますが、銀行や信用金庫に申し込んでも厳しいことも多々あります。そのような際は、まず日本政策金融公庫に融資を申し込むと良いでしょう。日本政策金融公庫は、企業の規模に関わらず融資を行ってくれますし、他社からの借入が残っていても借り換えができることもあります。何よりも金利が低いので、融資を受けることで売上げを圧迫することなく、安定した経営を行うことができます。

 

ただし、日本政策金融公庫は決算書や資金繰り表、事業計画書が非常に重要になり、今までどのような経営をしてきたのか、課題は何か、課題に対する計画はどのようになっているかなどを重点的に見られますし、審査に時間がかかります。その為、ノンバンクの利用が必要になることもありますので、デメリットを十分に理解して、できるだけ経営に影響しないように、上手く活用しなければなりません。

 

ノンバンクを利用する最大のデメリットは、何と言っても金利の高さです。特に無担保で融資を受ける場合は、銀行や信用金庫、日本政策金融公庫と比べて、金利が高くなっています。金利が高いと毎月の返済額が大きくなり、最悪の場合、返済の為に他社からの融資を受けるという自転車操業になる可能性もあります。これを避ける為には、今後の経営の見通しを立て、毎月確実に返済できることを確認したり、短期で返済できる時のみ利用したり、必要最低限しか融資を受けないようにすることが重要になってきます。

ノンバンクでの資金調達

銀行からの借り入れが難しく、資金調達に苦労している方もいるでしょう。
そういった場合に役立つのが、消費者金融やクレジットカード会社などのノンバンクという金融機関です。
銀行の場合は、非常に審査が厳しいため、時には融資を受けることができないケースもあります。
また、手続きにも時間がかかるため、支払い期日までに間に合わないという場合もあります。
しかしノンバンクであれば、審査が銀行よりも簡単で、融資スピードも早く、すぐに資金調達が可能です。
そのため、資金調達の選択肢として、銀行だけでは無く、ノンバンクも頭の中に入れておいた方が良いでしょう。
ただ、ノンバンクと聞くとあまり良い印象を持たれていない方もいるでしょう。
その理由としては、やはり金利の高さでは無いでしょうか?
ノンバンクは、簡単に融資を受けることができる反面、金利が銀行よりも高く設定されています。
その金利の高さが原因で、ノンバンクを避ける方が多いといって良いでしょう。
確かに以前であれば、ノンバンクから融資を受けてしまうと、金利が高いために返済が困難になるケースが多かったです。
しかし、現在は金利が下降傾向にあり、以前よりも返済が容易になっています。
そのため、最近では、急ぎの資金調達の場合にノンバンクを利用される方が増えています。
また、ノンバンクを一時的に利用することで、資金繰りを改善することもできます。
銀行から資金調達をできない場合に、ノンバンクを利用するのもひとつの方法だといえます。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業性資金としての処理ではなく個人の与信で借りたい場合は、あなたの状況に合わせて
下記の特集ページ↓(銀行勤務経験者が書いた審査の裏側)を読んでみてください

自営業・個人事業主・フリーランスの方を審査する
社長・法人経営者の個人の与信審査を語る

トップページへ


当サイトは「運転資金借入.com」で検索




ビジネクスト ※最短で即日融資も可能!

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

資金調達プロ ※借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも安心さで一歩リードなのが「資金調達プロ」です。

-ノンバンクで運転資金を借りる

Copyright© 運転資金借入の融資が今日中に可能なノンバンクは?<急ぎ 至急> , 2017 AllRights Reserved.