自営業の融資借入・資金繰り

自営業でも借りられるカードローン

投稿日:2014年7月22日 更新日:

駅前の商店街を歩くと、どの店舗も日曜で人が多く出ているのにシャッターが下りたままの光景をよくみるようになりました。後継者不足と言う理由もあるでしょうが、ほとんどが資金繰りに困り、営業を止む無くすることが多いと聞きます。また、近隣に大型ショッピングセンターが進出するとこの影響をまともに受けてしまいます。大型ショッピングセンターに対抗したくても店舗の改装などに費用がかさむだけでなく、売値も安くするためには大量仕入れする必要があり、さらに費用がかさむことになります。自営業者で資金力がある人は、このように対応していくことが可能でしょうが、ほとんどの自営業者は資金力で断念せざるを得なくなります。自営業は、法律上では法人扱いではなく、その分信用度が低いと言わざるをえません。このため、銀行からの融資が難しいだけでなく、審査にも時間を要してしまいますので、自営業者が資金を調達するのには並大抵の労力が必要となってきのす。
商工会に加盟している自営業者なら小口の融資を受けることができますので、物資の仕入れに回すことはできます。また、自治体で自営業者のための融資斡旋を行っているところもありますので、資金調達に困ったときは自治体の商工課あたりに、まずは相談してみるとよいでしょう。銀行融資はどちらかと言うと大口融資が中心となっていますので、地元に密着した信用金庫、信用組合の小口融資の相談を受けるのもよいかもしれません。特に店舗改装などまとまったお金を必要とする場合は、強い味方となるでしょう。しかし、自営業者は毎日か定期的に物資を仕入れたりする必要があり、時期的には高価なものを仕入れる必要もでてきます。このようなとき、信金、信組、自治体の融資を受けている時間はありませんので、直ぐに借りられる融資が必要となります。このような場合、個人であればキャッシングと言う手が思い浮かびますが、自営業者の場合は規制があり、キャッシングを受けることが難しい場合がありますが、中には自営業者向けのカードローンサービスを行っているところがありますので、資金計画さえしっかり立てていれば直ぐに借りられることができます。

カードローンの手続き

カードローンを利用するためにはまず申し込み手続きをしなくてはいけません。銀行系カードローンは、窓口で申し込み手続きを行っていましたが、IT系の影響からインターネットからも申し込み手続きが行えるところが増えています。また、消費者金融では電話やFAXに加え無人契約機で申し込み手続きが行えるサービスもあります。プライバシーの観点から、やはりインターネットからの申し込みが圧倒的に多くなっているようです。どの方法で申し込みを行っても、自分の個人情報や勤め先や収入、勤続年数などいたって簡単な内容で申し込みすることができます。
申し込み手続きが終わると、融資可能かどうかの審査が行われます。カードローンの場合は、主婦や無職でも審査に申し込むことはできますが、過去に延滞などがある場合は、定職や収入があっても審査をパスすることはできません。また、多重債務の場合も審査をパスすることは難しいと言えます。また、虚偽の申し込みを行うと当然審査が通らないばかりか、信用情報にも登録されてしまいますので、かならず本当のことで申し込みしなくてはいけません。また、審査手続きで必ず本人確認のための電話が入ります。これは、延滞時の連絡が取れるかどうかの確認と本人かどうか確認されますので、必ず電話に出るようにしましょう。勤め先に電話がある場合もありますが、個人名で電話されてきますので、あらかじめ確認しておくと戸惑うことはなくなります。これで審査に通ると、1週間以内にはカードローン用のカードが送られてきます。どうしても急いでお金を借りたい場合は、無人契約機を利用すると即日にカードが使えるようになります。

カードローンのメリット・デメリット

カードローンのメリットとしてまず挙げられるのが、無担保で利用することができるのです。銀行ローンの場合、不動産や定期預金などの担保を必要としますが、カードローンにいたっては無担保で利用することができます。もちろん銀行以外の消費者金融やクレジット会社のカードローンも同様に無担保で利用することができます。このため、手続きも比較的簡単に行うことができるだけでなく、利用開始までの短時間で行うことができます。消費者金融のカードローンには、即日利用可能なものもあり急な出費が発生した場合に大いに役に立ちます。銀行系のカードローンの契約は、窓口で行いますが、消費者金融のカードローンは、店舗内の無人契約機で行うことができますのでプライバシーを気にする人には大変便利なものです。
このようにカードローンは、手軽に利用できるので大変便利なりですが、その代わり制限や利用方法をよく理解しておく必要があります。カードローンには、利用限度額が設定されますので、その利用限度額を超えてお金を借りることはできません。また、既に借入している場合は、借入限度額から現在の借入額の差分しかお金を借りることはできませんので、いざカードローンでお金を借りようとしても、必要な額を借りることができないことがあります。また、カードローンの金利は他のローンに比べて高く設定されています。特に消費者金融の金利は、利便性の高さの代償として銀行系のカードローンよりも数パーセント高くなっています。利用のしやすさからついつい使いすぎると、利息が直ぐに溜まってしまいどうにもならなくなってしまいます。

カードローンの種類

カードローンには、銀行系と消費者金融系、クレジット会社系、IT系の4種類があり、それぞれに特徴があります。この中でも銀行のカードローンは、母体が大きいこともあってサービスが充実しているだけでなく、金利面でも他よりも低くなっていることもあり多く利用されています。ただ、近年では、インターネット系のIT会社が運営するカードローンでも低金でのサービスを展開しており、インターネット人口の増加に伴い年々契約数も増えているようです。消費者金融系での特徴として、審査が早く即日借入が可能になっています。ただし、審査基準が低い分、金利が高く設定されていますので、長期借入する場合は利息に注意しなくてはなりません。クレジット会社のカードローンは、クレジットカードと一体化されていますので利用しやすい点にあります。ただし、クレジットなのかカードローンなのかしっかり自己管理しなくてはいけません。
それぞれのカードローンからどれを選ぶか重要になるのが、金利になります。カードローンの金利は、大抵○○%~××%と表記されており、借りる人の年収や利用実績などによって金利が決められるため、必ずしも低い金利になるとは限りません。また、カードローンを利用するうえで、お金を借りたり返したりするためのインフラが整備されていることが重要になってきます。都心の自営業者が地方に仕入れに出かけた時に、仕入れ資金の調達としてカードローンを利用しよう思っても、お金を借りるための店舗やATMがないと利用することができません。その点、銀行のカードローンの場合、全国の銀行ATMから何処へ行ってもカードローンを利用することが出来ます。また、コンビニのATMも全ての銀行が利用できるようになっている点でも利便性は高いと言えます。

カードローンの仕組み

カードローンは、基本的に大口のローンはできませんが、契約するときに決めた限度額内であれば何回でも使える仕組みになっています。例えば契約時に限度額を30万円までと決めた場合、最初に5万円を利用し、その途中でさらに25万円を利用することができます。さらには、10万円分を返済した時点で限度額までの残り分10万円分のローンを使えることになります。また、カードローンを使いたいと思った時に、新たに契約をしなくても、有効期限内であれば、初めに契約したカードで何度でも使うことができます。カードローンの返済方法は、通常リボ払いになり、借入額に関係なく一定の金額を返済することになりますので、無理なく返済が可能になります。しかし、カードローンの限度額まで利用してしまうと、返済額が少ないため直ぐに利用したくてもできなくなることがあります。このようなことがないよう、繰り上げ返済の方法を利用して、まとまったお金ができたときに返すことが必要です。
一般的にローンを契約するときには、保証人や担保を必要とすることが多いですが、カードローンは保証人や担保を必要としていませんので、若い人でも利用しやすくなっています。また、銀行のローンではローンの使い方が決められていますが、同じ銀行の場合でもカードローンは、どのような目的でも利用することができます。当然、キャッシング会社が提供するカードローンも同様に、保証人や担保も必要ありませんし、どのような目的でも使うことができます。

カードローンとは

カードローンは、銀行やキャッシング会社が個人向けの小口融資のサービスとして審査の簡易化や借りやすさを追求した融資サービスの一つになっており、急な出費があったときに直ぐにお金を借りることができる大変便利なものです。サラリーマンからOLにいたるまで大抵は、1,2枚カードローンのカードを持っていることでしょう。会社勤めにとって付き合いなどでの急な出費はつきものになってきますので、カードローン自体、クレジットカードと同じようにもはや持っているのが普通なのかもしれません。ただし、クレジットカードと同様に、返済能力を超えて使いすぎると借金地獄に陥ってしまいますので、しっかりと自制心を持たなければなりません。その理由に、自分の口座からキャッシュカードと同じようにATMから現金で引き出すことができるため、自分のお金と錯覚してしまうことが多いようです。カードローンは、一時的な融資として考えなくてはなりません。
カードローンでの返済方法は、銀行やコンビニのATMから何時でも返済することができますので、基本的に給与やボーナスなどまとまったお金が出来たときに必ず返済するようにしなくてはいけません。何時までも借りていると、利息がどんどん溜まっていってしまいます。カードローンで失敗する人の多くは、返済忘れによって利息が膨れ上がってしまい、返済できない金額になってしまいます。カードローンを上手に利用するためには、お金を借りたら直ぐに少額でもいいので返済に充てて、少しでも借入期間を短くすることが大切なのです。カードローンの金利は、他の融資に比べて高く設定されていますので、借りている期間が長いほど利息はどんどん溜まってしまいます。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業性資金としての処理ではなく個人の与信で借りたい場合は、あなたの状況に合わせて
下記の特集ページ↓(銀行勤務経験者が書いた審査の裏側)を読んでみてください

自営業・個人事業主・フリーランスの方を審査する
社長・法人経営者の個人の与信審査を語る

トップページへ


当サイトは「運転資金借入.com」で検索




ビジネクスト ※最短で即日融資も可能!

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
東証一部上場・アイフルのグループ会社で安心。 何と言ってもビジネスローンで数少ない最短即日融資も可能なのが最大の魅力!
実質年率 限度額 担保・保証人
8.0%~18.0%
1,000万円
不要

ビジネスパートナー ※最大45日間の無利息あり!

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要
  6. 最大45日間金利0円!

東証一部上場の光通信グループ会社によるビジネスローン。現在、ビジネスパートナーという商品名を世に売り出し中ということもあって、新規の申込みを積極的に受け入れています。

実質年率 限度額 担保・保証人
9.98%~18.0%
500万円
不要

資金調達プロ ※借金ではない資金調達を最短即日で

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを売ることで資金調達できるのが「ファクタリング」の最大の特徴!
その中でも資金調達プロは安心してよいファクタリング紹介会社です。

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. 法人のみ申込可能なので、その点には要注意
  5. 融資 → 借金とは違う資金調達方法で 欧米では一般的

ファクタリングは銀行でも一部取り扱いがあるのですが、ほぼ間違いなく償還請求権付きなので資金化も遅く使い勝手はよくありません。そういった点でもファクタリング会社を使う方が資金繰りに対応しやすいですね。

ファクタリング紹介会社の中でも安心さで一歩リードなのが「資金調達プロ」です。

-自営業の融資借入・資金繰り

Copyright© 運転資金借入の融資が今日中に可能なノンバンクは?<急ぎ 至急> , 2017 AllRights Reserved.